五島三子男展 2017.09.20〜9.30

<緑のことば>

五島三子男作品

植物を版として用いた平面作品と、波に洗われ岩に削られた…流木をオブジェとした立体作品です。


9月20日(水) 今日、五島三子男展の初日を迎えました。
植物を版とした作品、流木のオブジェなどf分の1は心地よい空間になりました。
9月30日まで展示しておりますのでどうぞお立ち寄りください。

五島展写真1 五島展写真2 五島展写真3

○○○○

五島三子男(ごとう みねお)プロフィール
  • 1949年 横須賀生まれ
  • 1972年 日本大学芸術学部美術学科油彩卒業
  • 1971年より個展、グループ展を中心に活動
  • <パブリックコレクション>
  • 神奈川県立近代美術館、横浜市民ギャラリー、仁済美術館、神奈川県民ホールギャラリー、神奈川県立音楽堂、横須賀市教育委員会、和歌山県立近代美術館、色彩美術館、萬鉄五郎美術館、関口美術館、ハンガリーグラフィックアート協会、パリ国立図書館、国立チェコ国民ギャラリー
  • <受賞>
  • 1977年 第12回神奈川県美術展 美術奨学会賞
  • 1980年 第16回神奈川県美術展 県議会議長賞
  • 1984年 第17回現代日本美術展 賞候補
  • 1992年 The 2nd Annual International Miniprint Exhibition 3等賞
  • 1994年 第23回現代日本美術展 和歌山県立近代美術館賞
  • 2000年 第29回現代日本美術展 神奈川県立近代美術館賞
  • <芸術団体所属 職歴等>
  • 1990'4〜1997'12 神奈川国際版画アンデパンダン展 実行委員
  • 1997'3〜 集団『版17』所属
  • 2000'8 日韓美術文化交流事業に対して光州市長より感謝牌を受く
  • 2003'4 釜山国際版画祭の日本コミッショナーを務める
  • 2003'4〜 日本美術家連盟・IAA国際美術家連盟会員
  • 青娥書房嘱託デザイナー

▲ページのトップへ